スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ツーリング~長野ビーナスライン~

  • 2011/09/05(月) 03:21:28

 



こんばんわ。
お久しぶりの本田くん記事になります。
去年の東京~福岡往復ツーリング記事以来になりますね。冬は寒くて乗る機会がめっきりないのですが、春先からちょこちょこと乗ってます。
そして夏到来!って事で、去年みたいにツーリングに出掛けたいなぁなんて考えてたんですよね。
ただ去年と違って高速割引も6月末で終了してしまってて、天気と日時とお金とうまい具合にかみ合わなかったりw なので、今回はちょっと志向を変えてみて、日帰りツーリングにしてみました。

日帰りツーリングの目安はスバリ「走行距離」ですねっ。
車は知りませんが・・w
バイクの日帰りってソロの場合、一般的な目安では片道200kmくらいが丁度いいらしいですね。単純に走るだけなら当然もっと走れるけど、目的地に着いて、色々食べ歩きしたり、見て回ったりして帰るまでを逆算すると150km~200kmぐらいの距離がいいそうですよ?





ちなみに8月のお盆の期間に行ってきました。AM5:00に出発!朝焼けが綺麗でツーリング日和でしたね。
目的地は長野県。なんで長野県かというと、もちろん距離的な部分で丁度いいというのもあるけど、「ビーナスライン」というのが長野の諏訪IC付近にあるんですよね。日本の名道50選で常に上位にランキングするツーリングコース!バイクに乗るからにはビーナスライン、行ってみたいじゃないですか!





ルートは東京都内・首都高速から中央自動車道を目指し、八王子方面へ。談合坂SAで軽く朝食がてら休憩。地図で言うなら東京都~神奈川県~山梨県~長野県~とそんな感じです。そんな感じというかまさにそうなんだけどw
長野の諏訪ICで190kmなんですよね。

で、なんで早朝からツーリングかというと、もちろん早朝が気持ちいいからという理由もありますが、もうひとつの目的があったんです。長野と言えば、蕎麦!でしょう。ビーナスライン入り口付近においしい蕎麦屋があるとの事で、10時オープンに余裕を持って来たんですよ!

今回足を運んだのはみつ蔵というお蕎麦屋さん。旅のガイドブックにも載るような有名なお店みたいですね。9:30に着いた時はお盆期間だったからかわかりませんが、すでに長蛇の列でしたw 1時間以上待って蕎麦にありつけました。




今回注文したのは鴨汁せいろ\1,700-也。せいろは2枚出てきたよ。
あと、変わりご飯\400-也。





わざわざ東京から長野に来た甲斐もそうだし、炎天下の中、1時間も待った甲斐はありましたよ?金額も結構お高いけど、ここまで来たんだから・・・ってつい財布の紐も緩んじゃうってもんですw
鴨汁せいろは基本あっさりしてるんだけど、鴨汁がすごいクセになるような味でしたね!蕎麦は当然手打ちで弾力あってすごい食べやすかったです。

変わりご飯は炊き込みだったんですけど、なんかもう秋を感じさせてくれるような具材でした。ほんの少しおこげがあっていい感じで香ばしくて満足!

あ、別にグルメの旅じゃないのでw
でもこういう楽しみを持ってツーリングしたいですもんねw

目的の昼食を済ませたあとはメインの目的地!ビーナスライン!




ビーナスラインの写真を撮ろうと思ってたけど、あまりに走りが楽しくてノンストップで走ってましたw
写真はweb上で見つければいいやーってw ごめんなさいw

でも実際これがまさにビーナスライン!
山々を見下ろしながら走れる絶景コース。平均標高は1400mだそうです。この時期は観光客のピーク時とあってとりあえず賑わってましたね。2002年には全線無料開放して多くの人が訪れやすくなったとか。

ちなみになぜ「ビーナスライン」と呼ばれているのか・・・。
長野県茅野市内から蓼科、白樺湖、車山、霧ヶ峰を抜けて標高2000mの美ヶ原まで続く県道なのですが、道々のやわらかなカーブが女神のようだと表現する人もいたり、あとビーナスラインに女神湖というのがあってそこからの呼び名だったとか、ビーナスラインの終着の美ヶ原の"美"を女神に例えて、"女神に通じる道"なんていう説もあったりするみたいですよ。





そんなビーナスラインの終着の美ヶ原高原には道の駅と美術館が実はあるんですね。何を隠そうここが蕎麦・ビーナスライン・そして三つ目の目的なんです。標高2000mの道の駅に行く!だったんですね。美術館と道の駅の建物は同じ施設に2つ入ってるんですよね。ここでお土産買ったりしたり、写真撮ったり、しばらくゆっくりと過ごしちゃいました。





本田くんを止めた横を見ると、カブが2台!この標高2000mをカブで上ってきたのかー!って思うと胸熱ですよw こういうカブでの旅行も違う意味で憧れちゃいますね。20代前半くらいの男女ペアでした。





こうしてずらっとバイクが並んでいるのを見ると、圧巻ですよ。
写真を縮小しているので迫力欠けますけどねw





山々を見下ろすってなかなか普段の生活じゃ出来ないですからね。自然の雄大さを実感しちゃいます。この辺り紅葉シーズンとか綺麗なんでしょうね。
気温も炎天下とはいえ、頂上の気温は24℃と過ごしやすかったですよ。


時間がある時は是非行って見て下さい。
きっとちっちゃな自分を発見するはず!w


今回の長野ビーナスラインの旅(往復)
ガソリン代 \2,555-
高速代 \4,720-
合計 \7,275-
走行距離 約530km






少なくとももう2,3回ほど今年はツーリングしたいなーなんて考えてます。
関東圏・北陸・東北などなどに出没するかもです。
本田くんを見かけたらガソリン補充してくれてもいいですよ!w





サービスエリアでパシャリ。こういうのは純粋にうらやましいですね。なかなかバイクっていう共通の趣味って難しい。乗るのは好きだけど、免許取ってバイク買って・・・までいかないですからねw


9月はどこに行けるかなぁ。天気とお金と・・・相談しなきゃw

web拍手

バックパッカーin静岡

  • 2010/12/20(月) 00:26:56

 



9月下旬に行ってきた東京~福岡間のバックパック記事もようやく最終。
静岡編です。(浜名湖編と言ってもいいかも)


こんばんわ。
そんなこんなで浜名湖です。
静岡県の一番左の場所に位置してるところですよね。
なので、前回の滋賀から静岡まで東に上ってきました。いよいよ旅の終わりの最終日ってやつです。

「渚園キャンプ場」
バイク乗り入れ可だったんだけど、今サイト見ると不可って書いてる・・・・
変更された?
利用料は400円シャワーは5分200円。

かなり広いキャンプ場でキャンプしやすい場所だと思います。
バーベキューとかサークルでとかいい感じのキャンプ場。
ものすごくだだっ広い公園的な感じw
大自然のキャンプではなくて、都会のキャンプって感じかな?
それゆえ面白みは特になし。




海沿いに面していて風がこの日はちょっとあったけど、気持ちよかったですね。
家族連れが圧倒的に多かった・・・。そうそう、キャンプ道具等のレンタルも確か出来たと思います。

バーベキューだけして帰るって人達も結構いました。
何にしてもこういう外で何かをするのは気持ちがいいもんです。晴れてれば!

そういえば、キャンプ場に向かう前に浜名湖SAに立ち寄ってみました。
というか、ほぼ大半の人は浜名湖SAに立ち寄るんだと思う・・・w

うなぎバーガー?だっけ?
あるとかツイッター情報であったので探したけど見当たらずorz
なぜかはんぺんをいただきましたw いや、おいしかったんだよ!

SAはなんか面白いですよね。単調なツーリングを飽きさせない何かがある!
SAでの特産物巡りをしてる人もいるみたいですからねw
目的がSA!って人がいるらしいw
でもその心、若干わかるんだよ!w




キャンプ場ではバイクでキャンプに来るのが珍しかったのか、アメリカンでキャンプ場にくるのが珍しかったのか、結構人の目を引いてた・・・。しまいには「魚介類が多く余ったから1箱1000円で買わない?!」って売りに来るおっちゃんがいたり・・・。1人でそんな1箱も食べられませんがな。





最終日はレトルトのカレーでした。
ご飯だけ炊いて、あとはあたためたレトルトをかけて出来上がり。
外で食べるカレーは格別なんです!

この渚園キャンプ場は少しいけばコンビニとかあるので、コンビニで弁当買ってあたためて持ってくれば全然食べられるんですけど、そういう趣旨の旅ではないのでw
ドライ食品とか、レトルトとかでもいいから、クッカーを使って火を出して何か日頃はやらないような食事をしたいんですよね。せっかくキャンプ場に来て、夕食がコンビニ弁当とか萎えるわぁw

でもキャンプの食事はもっと考える余地はあると感じましたね。結構食費がかかる!ドライ食品1袋400円だしw 朝昼晩と3食ドライ食品食べてたら1200円もする!1袋づつで済めばw

現地で野菜を調達して、調理するかなぁ。簡易鍋とかも必要だしなぁ。クッカーの蓋では調理は出来ないしw
来年はその辺も検討していきたいところかな。




夕焼け空。
天気に恵まれて綺麗な空のグラデーションが見れてよかったです。





浜名湖の夕焼け空。
東京-福岡間往復の旅の最終日にちょっと旅の始まりから思い出してみたり。
もっともこのあと寝て、起きたら東京に帰るという最後の大事な部分が残っていますがw でも旅の宿泊地での最終日にもいいモノを見れた感じで、締めという日には最高でした!


9月下旬の9日間のバックパックを振り返って。
大きなトラブルも事故もなく終える事が出来たのが一番よかったですね。
途中で天候に阻まれた時もありましたが、大きなスケジュールの崩れにはならなかったのは、ある程度想定したスケジュールを組んでいたのが幸いでした。キチキチに詰め込んでたらドタバタしてたもんねw

往復で2,500kmの長距離バックパックでしたが、すごく満足のいくツーリングでした。来年はソロでもいいけど、複数でツーリングというのもしてみたい感じはありますよね。行きたい!っていう人がもしいたら是非ご一報くださいな。

キャンプというのもこの夏から始めたばかりということもあって、道具もすべて揃ってた訳じゃないので、実はこれもほしかったんだよなぁってもの多々あったり。経験してみて気づかされる事って多いですもんね。


来年は東日本を是非とも行ってみたい!東京~青森までにするのか、北海道にするのかは未定ですが、頭の中で計画を練っていきたいと思います!東北地方ってなんか美味しいものが多そうじゃない!
星空の下で寝たいって理由で始めたキャンプでしたが、大自然の中で生かされてる実感ありますよ?

いい事ばかり言ってますが、悪い事も当然あるんだよ!
夏場は火を付けるとアブとか虫系が寄ってくる!虫除けスプレー必須!
オートキャンプ場じゃなければシャワーがないことだって当たり前!体拭くようなウェットタオルも必須!もちろんシャワーか露天風呂が近くにあるとこ選べばいいんですけどー。
でも場合によっては使えない場合も考えられるって事。


バックパッカーin福岡
バックパッカーin岡山
バックパッカーin滋賀
そしてこの記事のin静岡編

以上、4回にわけて9月下旬に行ってきた、東京-福岡間往復バックパック記事をまとめてみました。
このバックパックの前哨戦としてが山梨編と群馬編。
バックパッカーin山梨
バックパッカーin群馬
今年は計6回のバックパックを楽しみました。

来年は何回行けるかな?

web拍手

バックパッカーin滋賀

  • 2010/12/13(月) 01:39:52

 



バックパッカーin滋賀編。
残すとこ滋賀と静岡の2記事のみとなりました。


こんばんわ。
ちょっと時間が空いてしまったのでちゃちゃっとまとめていきたいと思います。

岡山から静岡まで一気に走り抜けて行ってもよかったんですけども、名古屋近辺でどこかキャンプ場は・・・なんて探してたんですよね。大阪・京都・奈良・滋賀・名古屋って探したんだけれども、高速のインターチェンジから近すぎず、でも遠すぎず、そしてキャンプ場の料金を見定めて、って条件付けしてたら滋賀の琵琶湖付近のキャンプ場に決まりました。彦根のちょっと上あたりって言っても彦根の場所をよく知らない人って多そう・・。

「ウッディパル余呉キャンプ場」利用料は500円 シャワーは400円。
コテージとオートサイトとあってオートサイトは誰もいなくて貸切でしたw
9月の下旬のお話。





こんな感じで自然とのコラボッ。こういうサイトへの乗り入れが許されてるサイトって少なくはないけど、多くもないんですよね。駐車場的なとこで止めて、そこから少し歩いてサイトにってパターンはあまり個人的には好きではなかったり。別に荷物を背負って歩くのがめんどくさいとかじゃなくて、テントとバイクと2つで1つじゃないか!なんて我侭っ子なんですw

でも実際今まであえてそういうキャンプ場を選んでるんです。
ちなみに上の写真はお昼の時間のお話。





この写真の坂道を下っていくと傾斜の芝生エリアがあるんだけど、その芝生エリアに乗り入れて奥のとこにテントを設営してるの。昼間は全然気づかなかったというか、頭にいれておくべき事が・・・。

それはズバリ「夜露」。山の気温は夕方から一気に冷え込むから17時あたりではもう陽が落ちて真っ暗になってくる時間帯。暗くなる前に先にコンビニで朝ごはん買ってこようと出かけて、そして暗くなり始めに戻ってきて、テントの場所までホンダくんを芝生の上に乗り入れて、傾斜の芝生を上ろうとしたら・・・。

上れないのよね・・・芝生についてる夜露のせいでw
オフロードタイヤの限界。
だけど勢いつければこれくらいの傾斜くらいいけるでしょっ!
って・・・無理でした。。

結局傾斜を上れずに、上れないだけならまだよかったんだけど、滑って降りてくるのよね・・・ブレーキかけても夜露のせいで芝生の上でブレーキしても意味もなく、なまじ勢いつけたもんだから逆に勢いよくズリ落ちてくるホンダくん。その200kg?の車体はさすがに支えきれずに横転w

夜の闇に響き渡るアクセル音・・・。
不幸中の幸いで怪我はなく、芝生の上とあってホンダくんにも外傷なくてよかったよw 右ミラーが落ちたから根元から折れたかと思ったけどただ外れただけw エンジンオイルが漏れたけど、ただ車体が横になったから漏れただけ。
が、チェーンが外れたよ。チェーンが外れては動かないじゃないか!って事で工具は持ち合わせてないので、力技ではめ込みましたw
おかげで手が黒くなって油まみれに・・・・。
ランタン持ってきて、ガチャガチャと暗闇の中w

結局ホンダくんはテントまでは持ってこれる状況じゃないので断念しちゃった。





よもやこの写真を撮ってる時はまさかホンダくんが横転するような出来事がこの後に待ち構えているとは夢にも思わなんだw
あぁ線路シンメトリーっぽい





その夜の晩御飯。使い込んでる風クッカーだけど単にこのクッカーでお米を炊く初日に焦がしただけという・・・w さすがにこれだけではお腹は膨れないのでもう1食ドライ食品を追加!

そんな訳でこの日の夜ご飯はこちらっ。





このドライ食品1袋400円もするんだよ!
確かに水入れて火にかけるだけで便利だけど・・・。お腹膨れませんがな。
この時はまだお米は持っていたんだけど、最終の静岡泊の為に使わなかったんだよね。





テント内ランタンの灯り。
このキャンプ場は一応外灯は有り。
でもさすがに貸しきり状態だとほんとに辺りは暗闇しかなかったかな。




キャンプのいいところって大自然の中で眠りについて、そして大自然の中で目覚めるところじゃないでしょうか。木々の隙間から陽が射し込んできて、影が移動してきてって感じが肌で感じられるんですよね。





突き抜けるような空の下でいざ静岡へ!


の前に。。
夜に一応張ったチェーンは心もとないので、どこかで張りなおさなきゃ。
でもキャンプ場近くにバイク屋は見当たらず、自動車整備っぽいところに無理にお願いして整備を・・w





整備っていうかチェーンを張ってもらってるところ。
なんか右側からビョーンと伸びてきてる板っぽいのが気になるでしょ・・。





倉庫とかで荷移動とかで使うアレw
後輪を浮かさないとチェーンが張れないものでして、その節はお手数お掛けしました。ありがとうございます。

オイル漏れもチェックしてもらい、ミラーも取り付けてもらってどこにも異常ない状態に!ちなみに1000円でしてくれたーよw

「んー1000円でいいですよ」って、滋賀県民いい人や・・・。

次回はラストの静岡編。
静岡っていうか浜名湖って言ったほうがわかりやすいかな?

web拍手

バックパッカーin岡山

  • 2010/11/25(木) 01:01:04

 


岡山といえば桃太郎。
桃太郎的なアレです。ほらアレ・・・そうそう!アレアレ!


こんばんわ。
きっと岡山にいる人やその近隣にいる人になら通じると信じてるっ。
桃太郎的なのはわかりますが、名前は忘れました。
や、正直に言うと名前は知りませんw(でも言われたら、「あぁ!」って思うかも・・。)


岡山潜伏期間が9月20日~24日の朝までですね。
ちなみに岡山ではキャンプではなく、普通の家的な所でお世話になりました。地元だとか、生まれ育ちの地でもなんでもありませんが知り合いがいるのでそこで泊めてもらったのです。




岡山市内を流れる川はいいですよね~。癒されるなぁ。





マグナ50を発見!ってツイッターで言ってた気がするw
そうそう岡山ではマグナ50がブームなんです!すごくよく見かけたよ・・・。





50CCがいいのならもっと違うの沢山あるじゃないか・・・。
なぜにマグナ・・・。なんて人それぞれだからいいんですがw





市内のなんでもないアスファルトにも新鮮さを覚えたり。
街全体がきれいな感じしましたねー。


去年は倉敷に行ったけど、今回は岡山+香川に行ってきました。
讃岐うどんを食べに!
天候がよくなかったので、電車にはなりましたが、帰りは見事に雨降り・・・。
電車でよかったw





初めての香川県!初めての高松市!
いや~讃岐うどんは微妙でしたw
店が悪かったのかな・・・それともそういう味なのかな・・。
駅で讃岐うどん屋さんを紹介してもらったのだけど、確かにめちゃくちゃ混んでた。昼前にお店に行ったとはいえ、それなりに混んでて、昼過ぎは待ちの行列も出来るほど!

でも、でも、それって値段が安いからじゃないの??w
市役所の人とかお店近辺が職場の人とかが大半を占めていたんだけど、おいしいからとかじゃないよね?w なんか店内に賞状とか並べてあったけど・・・その金額に適した味だと思うのだけど・・・。味は・・・うーん私の味覚がおかしいのか・・・。一緒にいた人も微妙そうだった・・。

高松ではその後、栗林公園に行ってきました。
特別名勝と呼ばれる庭園は全国で23庭園あり、半数は京都にある庭園だとか。四国の特別庭園は栗林庭園ただ一つ。
特別名勝とは・・・簡単にいうと文部大臣が文化財保護法に基づいて指定したもの。





広々として9月は緑が鮮やかでしたが、今の時期だと紅葉シーズンですからね。違う顔を見せてくれてるんじゃないでしょうか。特に何かあるわけじゃありませんが、庭園を1周するのに1時間はかかるという広さ!話をしながらゆっくりと回ってみるのもありですよ。

ただ残念なのが、





緑の奥にマンションが見えてるよ・・・・w すごい萎えるw
仕方がないとはわかっていてもマンション見えたりとか近くで車の騒音とか聞こえてくると、観賞に浸れないといいましょうか。





とはいえ、随所随所に見所ポイントも満載だったり。





亀さんと対峙したり。
竜宮城へは残念ながら・・・w





いい目の保養になりましたとさ。
そうそう高松でちょうど瀬戸内国際芸術祭2010の開催中だったみたいで、色々と作品が並べてありましたよ。なんと第1回目!との事でした。コンセプトもあるみたいなので、興味あるかたはサイトの詳細を読んでみる価値はあるかもですね。来年時間があればじっくりと芸術祭を見てみたいものです。




そんな芸術祭の中で発見したアイス!瀬戸内ジェラ
電車に乗る前に見つけて買えなかったのがくやまれるw
え?写真撮る前に買えって?
つい写真を優先してしまったのさーw

でも瀬戸内国際芸術祭は衣・食・住すべてにおいて7つの島+高松で面白い作品が多く集まっていたみたいなので、カタログだけでもほしかったなぁ。

そんな訳で、芸術を堪能?できた岡山+香川でした。
次回は滋賀編かな。もう旅のブログとしてもいいような気が・・w

web拍手

バックパッカーin福岡

  • 2010/11/21(日) 01:40:28





写真からわかるようにin福岡!
どのへんが福岡らしいかといえば、撮った人がよくわかっているからおっけーなのです。


こんばんわ。
9月下旬の連休を使って「東京~福岡」間をホンダくんとともにバックパッカーを楽しんできました。去年から本州と九州を是が非でもホンダくんと渡ってみたいという衝動に駆られていたんですが、ようやく実現!

9月の18日~26日までお休みをまとめて取って9日間旅に出てました。

ざっとその時のスケジュールを簡単に列挙してみるよ。

・18日昼前に都内出発~のんびり走って岡山に夜到着(岡山で一泊)
・19日朝出発~福岡へ(福岡で一泊)
・20日福岡出発~岡山へ(岡山で一泊)
・21日、22日、平日とあり、休日高速料金適用外(岡山泊中)
・23日雨降りな為、岡山で足止め(岡山泊中)
・24日は休日高速料金適用、天気も晴れて岡山出発~滋賀へ(滋賀で一泊)
・25日滋賀出発~静岡へ(浜名湖近辺迄)(静岡で一泊)
・26日静岡出発~都内

東京-福岡の往復走行距離が2,511km
往復ガソリン代11,798円
高速料金往復10,800円
東京-福岡間での宿泊費用・・1,200円くらいだったかなぁ


1つの記事ですべては盛り込めないので2,3に分けて記録を残していきたいと思います。ちなみに行きの都内~岡山の間は特に写真は撮ってないので、福岡での写真からとなってます。本当は九州と本州を繋いでる関門橋の写真とか撮りたかったけど、さすがに止まれないw 九州に入る時に、「ようこそ九州へ」ってかかれてる看板を見てめちゃくちゃ達成感ありましたよ。


福岡では「若杉楽園キャンプ場」で一泊となり、キャンプ場利用料は無料。キャンプ場から5分ほど走ったとこに温泉もありましたが、色々あって利用する時間ありませんでした。





ここはほんとに寝るだけの為に訪れたような場所で、炊事場周辺はボーイスカウトだかなんだかの集団がいましたね。朝は集団行動だかなんだか知らないけど、こっちが寝ているとは知らずにテント近くで体操とかしてくれちゃってうるさくて朝からイライラしてた覚えがある・・・w


福岡から岡山に移動する前に熊本のやまなみハイウェイ通って湯布院で休憩して岡山へ・・・なんて事を考えていたら、





山の天気は変わりやすいと確かに言うしねー。この雨宿りでやまなみハイウェイも湯布院もキャンセル。ちなみにキャンプ場での雨宿りって炊事場とかトイレとか数少ないんだけど、ここでは





お邪魔しますw
ツイッターで写真をアップロードすると、iPhoneのバッテリー切れも早くなるんですよね。どうしようかと考えていたところ、上の写真をよく見るとわかりますが、iPhone充電中なんですw 建物内の左壁に白いケーブル的なものが見えますでしょうか?w





その節は電気をありがとうございます。
この場を借りてお礼を・・・・。





雨が止んだ時を見計らって山を降りると晴れてるし・・・。
でも上のほうは降ったり止んだりだったんだろうなぁ。





お昼頃だったかな?ここから岡山へ向かいましたとさ。
次回は岡山編。
岡山ではちょっとした観光をしてきたのでその写真など載せていきます。

web拍手

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。