スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

キャンプツーリングin平泉

  • 2012/07/11(水) 00:08:39

 



さて、梅雨が終わればいよいよ「夏」、ですね。
今年はどこに行きますか?

「本田くんが行く」シリーズを久々に更新しちゃいます。
去年の長野以来という事ですが、去年はあのあと実は新潟に行ってるんですよね。でも更新してないのは、ただ単に更新するタイミングを逃したという事でw

今年一発目はホンダくんが車検から帰ってきて6月後半に行ってきました。
目的地は岩手県平泉町、奥州付近となります。
住所はここね(岩手県西磐井郡平泉町長島山田)


先に往復の数字の記録。
走行距離・・・963km
ガソリン代・・・\4,667-
高速代・・・\10,700-
合計・・・\15,367-

L/25kmとはなかなか燃費いいじゃない。
片道大体6時間半かかりましたねー。
今年初回にしてはちょっと遠かったかなw





その名も大文字キャンプ場。利用料は200円です。
別にここに何かあるわけじゃなく、むしろ何もないとこ・・・。

大人になってするキャンプは楽しいですよ。もっとも子供の頃にキャンプした経験あったかなぁみたいなw あとオートキャンプみたいな設備が充実してて、手ぶらで行って帰るみたいなのとは違い、何もかも自分で揃えて持っていくキャンプです。何が楽しいのかと聞かれると正直答えに困ります。直接肌で感じてもらうのが一番いいと思いますが、自然に生かされてる、命を感じる、と言うと大げさかもしれないけど、でも、確かにそう感じる時があるのですよ。この身一つの生を感じる貴重なひと時だと思いますね。





ここのサイトはテントデッキがあり、キャンプ初めてからは初デッキでしたね。
ペグ不要だけど、強風な時とかどうすんだろw 大抵キャンプは直に地面の上にテント張りますからねー。





炊事場。水は普通に出て、たぶん飲めると思われる。というか沸騰させて使ったんだけど今のところ体に異常なしっw 左はかまどでここで焼くことも出来るみたいで、薪も実はこの炊事場に大量に置いてましたよ。夜は明かりがないのでランタン必須となりましたっていうかそういうキャンプ場多いんですけども。

山の夜は暗いとかいうレベルじゃないんですよね。普段寝るときに電気消して寝るような暗さとは桁違いで、まさに「闇」ですよ!いつも思う、超暗い!超闇!マジ闇!


という感じで到着早々、どこにテント張るかのチェックと設備チェック(もちろんトイレ含む)をします。設備から近すぎず、遠すぎず。トイレはトイレでこれまたちょっと怖いの。ちょっとイメージしづらいかもしれないけども、よくありがちな1つの建物内に男女のトイレの出入り口が1つで、右が男性、左が女性って感じの構造は左右対象な作りね。だから建物入って、右を向くと男性の手洗い場があり、左を向くと女性の手洗い場、そしてそれぞれ鏡もあるの。昼間は気にならないけど、夜はトイレの電気も付かないから真っ暗で、夜トイレにランタン持って行き、手を洗ってて、ふと目の前の鏡を見ると・・・・・鏡に映る背中越しの反対の鏡にランタンに照らされた自分が合わせ鏡の中にいるんだよ!

物理的な現象であって、何も不思議はないと頭で理解してても、合わせ鏡の自分を見ちゃいけない的なホラーとかよくあるじゃん!いやでもそれを想像しちゃうわw


と言いつつも夜何度かトイレ行ったんだけどw
だってそこまでホラー苦手じゃないし(






話が反れましたが、テント張ってひと段落したら夜の食材の買出しってわけです。コンビニ弁当とかじゃないですよ?そういう人もいるみたいですが、何が悲しくてキャンプ場でコンビニ弁当食べなければいけないのか理解に苦しむタイプです。その辺の公園で食べとけって感じー。
15分圏内に個人商店のスーパーみたいなのがあったのでそこでちょちょっとお買い物。なんかイオンもあるみたいだけど、すぐにはわかりませんでした。





平泉の空とホンダくん。
撮りたい時に撮れるし、休みたい時に休めるというのがソロの醍醐味でしょうか。自分のペースで時間が使えるというのはすごくいいっ。この時もほんとに買出しからの帰りに走ってて、唐突に「撮ろう!」って思っただけだもんねw
誰か同じ趣味仲間と一緒にというのもある意味憧れだけど、これまたなかなかいないんですよね。でも同じくソロで着てる人もいたりするので、その人と一緒に夜にご飯しながら旅の話をっていうパターンはあるんですよね。一期一会ってやつですよね。





さてさて、夜ご飯の用意という事で、今年購入したての、「ウッドストーブ」の登場。チタン製なんですけど、このチタンがいいんですよ。軽いというのもありますけど。その理由はまた後で。

去年新潟でキャンプした時に出会った人に感化されて今年火を起こすことにしたんですよね。道具は違いますが、個人的にこれが気にいって買いました。機能面も実は気にいってて、写真の通り、側面から薪などをくべるというのは高得点。例えば、この上にヤカンを置いて沸騰させようとすると、最初はいいとして、火が弱まってきたらどうします?ヤカンをどけて薪をくべます?それってめんどくさくないです?でもこのウッドストーブは側面の扉を開けてくべる事が出来るのです。





この平べったいのがウッドストーブですね。組み立ても大体想像つくでしょ?超簡単で収納も便利。尚、火類は1個でも事足りるけど、慣れてくると2,3個あったほうが便利!あ、左のランタンは見た目通り電池式ね。左から2番目はガスでそのガスの下の五徳(ごとく)っていうんだっけ、取り付けるだけで使用可能。赤のボトルは液体アルコール。一番右の小さなのはトランギアのアルコールストーブ。後で出てきます。





ウッドストーブ内には用意してた炭をいれて夜の暖の為も兼ねてます。すぐ燃え尽きちゃうのばかりだと困るからね。時期的に6月後半という事で少し暑いんですが、なんといってもキャンプ場は大抵山ですからね、夜は冷えるんですよ。この時も、もうちょい暖かいインナーとか持ってくればよかったなぁとちょっと後悔。





正直火を維持するのは慣れないせいでしょうが、大変でした。手際が悪かったのかなぁ。次回の反省かなー。でも、こういうアナログ感好きです。
楽しいっす。





野菜を焼く!ピーマンとエリンギ。この為に網も買っちゃったw これも去年の新潟キャンプで一緒した人から感化されたものw だって楽しそうだったもん。




ガスでご飯を炊きはじめる図。お米は持参ね。いつもキャンプ時はお米持っていくんですよね。万が一食材手に入らない時でもお米だけは炊けるようにとw





メインディッシュの肉!
肉は2パック買ったんだけど、ウッドストーブの火力の維持が難しくて焼くのに時間かかっちゃったんですよねー、反省点だ。途中からガスの火で焼くことになりましたとさw 次回はそうならないように・・・。


でもこうして外でゆっくりと時間を過ごすのはいいもんですよ。





ご飯食べ終えて、あまった薪の消化。こういう火を見ることは日常ではないですからね。ほんと、自然の中にいるんだなぁって実感しちゃいます。






20時21時頃でしょうか。洗い物を済ませてから食後のコーヒータイム。暖かい火をながめつつ、空を見ると綺麗な星空。雲一つない満天な、とは残念ながらいきませんでしたが、都会の喧騒が嘘のようですね。空気は澄んでてちょっと肌寒く、日常からは見ることの出来ない星を見ながらコーヒータイムとか、贅沢すぎる。でもほんとに贅沢なひと時でしたよ。





右がローソクランタン。左がトランギアのアルコールバーナー。風よけに使ってるのはウッドストーブね。こういう使い方も出来るのがウッドストーブの強みですね。アルコールバーナーはアルコールの量にもよるけど、容器にアルコールを8割入れて15分くらいしか持たないので、調理時に大活躍とは難しいかな。お湯を沸かす程度なら問題なし。ローソクランタンは4時間くらいは持つんだったかな?この日寝るときはローソクランタン付けっぱなしで寝ました。
※消してたほうが安全ですね。






朝起きて、片付けする前に撮った写真なので、デッキにごちゃっとあるけど、大体こんな感じです。テントの上の白いのはタオルね。乾かしてるの。テント自体ヨレッとしてるけど、ペグしてないし、ロープも使ってないのでこんなもんですね。ほんとにデッキの上にテントを組み立てて置いただけの図。ペグが打てないと前室も作れないのよね。テントの上部の奥に何か見えてるのは炊事場の屋根でございます。





もちろん朝はコーヒータイムを忘れません。ここで見てほしいのはウッドストーブ。昨日最初に薪をくべ始めた頃と比べると青く変色してるのがわかりますか?チタン製は熱を与えると青く変色するのですよ!この変色具合がたまんないw その感覚が少数だと思うけど、革製品のように使ったら使った分だけあじが出る道具って好きなんですよね!アルコールバーナーもね、小学校の理科の実験で使った以来じゃないのかなぁ。専用の入れ物にアルコール注いで火をつけるだけ。そのアナログ具合に惚れました。






ちなみにこの日のキャンプ場、2組だけでした。もう1組はペアのツーリングでした。管理人に言えば管理棟で寝泊り出来るんだけど、雨降ってるのであればまだしも、そんなのキャンプじゃないしw そのペアは管理棟で寝泊りしてたけどw ここはトイレと炊事場はあるけど、ほかには何もないので、おすすめはしないかなぁw 逆にこの不自由さがいいって人向けじゃないでしょうか。
そんな人いるのかって?わたしだ(

や、非日常をある程度求めてるとこがあるので、そのほうが自然を楽しめるってもんじゃないでしょうか。





くもり空の中、キャンプ場を後にしましたとさ。


もともとツーリングが好きで、あとからキャンプに興味が湧いてきて、キャンプツーリングという形に収まったわけですが、長距離を走ると気持ちいいんですよね。疲れますけど(
ホンダくんとザック1つで手軽に行けちゃうとこがまたいいんですよ。手軽にとは言ってももちろん旅の計画は立てますよ?高速使うので、どこのサービスエリアで休憩兼ねて給油するかとか、インター降りてから道に迷わないように現地の情報チェックしたり、キャンプ場の下調べや大抵山なので、一本道なのかとか、いろいろとね。あとはホンダくんのトラブルも起きませんようにって。

もっとも今回はトラブル起きたんだけどw
過去最大のトラブルでした。キャンプが楽しめるような状況じゃなくなってたんだけど、どうする事も出来ないから気持ち切替えて・・・。運よく何事もなかったかのように帰ってこれたので、次回ツーリングに行く時は同じ轍を踏まないようにしなきゃ。


次回はいつどこへ行くかは未定ですが、7月中には・・・と思ってます。ツーリングは無理としても、キャンプいいよキャンプ。
「今日はちょっと山に泊まってくる」とか。

web拍手

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

キャンプにツーリング、お疲れさまでした♪
やすこはキャンプクッキングに興味津々ですが
何せ虫が苦手なので実現が程遠いです(笑)

あと夜のトイレは……怖い((゜Д゜ll))
実はビビりなやすこでした。
でも……とても素敵な趣味だにゃ~ヽ(●´▽`●)ノ

  • 投稿者: やすこ
  • 2012/07/11(水) 23:54:15
  • [編集]

いーーーなぁーーーーーーーー(*´Д`)♪

楽しそうっっ
昔からキャンプも好きだし、何より野外で飲む
お酒は開放感が半端ないから大好きっ(*´ω`*)♪

キャンプとかで火を見てると、うまくいえないけど
見入ってしまう・・・

あの感覚は何なのだろう?w

  • 投稿者: ウル子
  • 2012/07/15(日) 11:23:13
  • [編集]

返信遅くなってごめんさぃ。
---------------------------------------------
:やすこさん
キャンプ場によっては蛾が結構わいてるとこもありますからねw
夜明かりがあるとこに何匹も集まって・・・・w

とはいえ、虫対策してるとなんとかなる!
アウトドアおすすめですよー。
--------------------------------------------
:ウル子さん
キャンプの火ってついついじーっと見ちゃいますね。
この夏是非キャンプを!
オフ会するならキャンプだね!w

  • 投稿者: リリィ
  • 2012/08/06(月) 02:56:07
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。