スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

バックパッカーin静岡

  • 2010/12/20(月) 00:26:56

 



9月下旬に行ってきた東京~福岡間のバックパック記事もようやく最終。
静岡編です。(浜名湖編と言ってもいいかも)


こんばんわ。
そんなこんなで浜名湖です。
静岡県の一番左の場所に位置してるところですよね。
なので、前回の滋賀から静岡まで東に上ってきました。いよいよ旅の終わりの最終日ってやつです。

「渚園キャンプ場」
バイク乗り入れ可だったんだけど、今サイト見ると不可って書いてる・・・・
変更された?
利用料は400円シャワーは5分200円。

かなり広いキャンプ場でキャンプしやすい場所だと思います。
バーベキューとかサークルでとかいい感じのキャンプ場。
ものすごくだだっ広い公園的な感じw
大自然のキャンプではなくて、都会のキャンプって感じかな?
それゆえ面白みは特になし。




海沿いに面していて風がこの日はちょっとあったけど、気持ちよかったですね。
家族連れが圧倒的に多かった・・・。そうそう、キャンプ道具等のレンタルも確か出来たと思います。

バーベキューだけして帰るって人達も結構いました。
何にしてもこういう外で何かをするのは気持ちがいいもんです。晴れてれば!

そういえば、キャンプ場に向かう前に浜名湖SAに立ち寄ってみました。
というか、ほぼ大半の人は浜名湖SAに立ち寄るんだと思う・・・w

うなぎバーガー?だっけ?
あるとかツイッター情報であったので探したけど見当たらずorz
なぜかはんぺんをいただきましたw いや、おいしかったんだよ!

SAはなんか面白いですよね。単調なツーリングを飽きさせない何かがある!
SAでの特産物巡りをしてる人もいるみたいですからねw
目的がSA!って人がいるらしいw
でもその心、若干わかるんだよ!w




キャンプ場ではバイクでキャンプに来るのが珍しかったのか、アメリカンでキャンプ場にくるのが珍しかったのか、結構人の目を引いてた・・・。しまいには「魚介類が多く余ったから1箱1000円で買わない?!」って売りに来るおっちゃんがいたり・・・。1人でそんな1箱も食べられませんがな。





最終日はレトルトのカレーでした。
ご飯だけ炊いて、あとはあたためたレトルトをかけて出来上がり。
外で食べるカレーは格別なんです!

この渚園キャンプ場は少しいけばコンビニとかあるので、コンビニで弁当買ってあたためて持ってくれば全然食べられるんですけど、そういう趣旨の旅ではないのでw
ドライ食品とか、レトルトとかでもいいから、クッカーを使って火を出して何か日頃はやらないような食事をしたいんですよね。せっかくキャンプ場に来て、夕食がコンビニ弁当とか萎えるわぁw

でもキャンプの食事はもっと考える余地はあると感じましたね。結構食費がかかる!ドライ食品1袋400円だしw 朝昼晩と3食ドライ食品食べてたら1200円もする!1袋づつで済めばw

現地で野菜を調達して、調理するかなぁ。簡易鍋とかも必要だしなぁ。クッカーの蓋では調理は出来ないしw
来年はその辺も検討していきたいところかな。




夕焼け空。
天気に恵まれて綺麗な空のグラデーションが見れてよかったです。





浜名湖の夕焼け空。
東京-福岡間往復の旅の最終日にちょっと旅の始まりから思い出してみたり。
もっともこのあと寝て、起きたら東京に帰るという最後の大事な部分が残っていますがw でも旅の宿泊地での最終日にもいいモノを見れた感じで、締めという日には最高でした!


9月下旬の9日間のバックパックを振り返って。
大きなトラブルも事故もなく終える事が出来たのが一番よかったですね。
途中で天候に阻まれた時もありましたが、大きなスケジュールの崩れにはならなかったのは、ある程度想定したスケジュールを組んでいたのが幸いでした。キチキチに詰め込んでたらドタバタしてたもんねw

往復で2,500kmの長距離バックパックでしたが、すごく満足のいくツーリングでした。来年はソロでもいいけど、複数でツーリングというのもしてみたい感じはありますよね。行きたい!っていう人がもしいたら是非ご一報くださいな。

キャンプというのもこの夏から始めたばかりということもあって、道具もすべて揃ってた訳じゃないので、実はこれもほしかったんだよなぁってもの多々あったり。経験してみて気づかされる事って多いですもんね。


来年は東日本を是非とも行ってみたい!東京~青森までにするのか、北海道にするのかは未定ですが、頭の中で計画を練っていきたいと思います!東北地方ってなんか美味しいものが多そうじゃない!
星空の下で寝たいって理由で始めたキャンプでしたが、大自然の中で生かされてる実感ありますよ?

いい事ばかり言ってますが、悪い事も当然あるんだよ!
夏場は火を付けるとアブとか虫系が寄ってくる!虫除けスプレー必須!
オートキャンプ場じゃなければシャワーがないことだって当たり前!体拭くようなウェットタオルも必須!もちろんシャワーか露天風呂が近くにあるとこ選べばいいんですけどー。
でも場合によっては使えない場合も考えられるって事。


バックパッカーin福岡
バックパッカーin岡山
バックパッカーin滋賀
そしてこの記事のin静岡編

以上、4回にわけて9月下旬に行ってきた、東京-福岡間往復バックパック記事をまとめてみました。
このバックパックの前哨戦としてが山梨編と群馬編。
バックパッカーin山梨
バックパッカーin群馬
今年は計6回のバックパックを楽しみました。

来年は何回行けるかな?

web拍手

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。