スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

夏のオアシス

  • 2009/08/14(金) 04:26:37

 



褐色の肌が際立つ夏真っ盛り!
クシナさんを語らずに、夏は語れますまい。


こんばんわ リリィです。
やはりこういう女性キャラがSSにあると、ブログも華やぐってもんですよね。
いっそのこと女性キャラ作ろうかなぁw

男性キャラだけだと、しかもジャイアントだと尚更、

どうしても「野郎のブログ!」って暑苦しさありません??w

女性キャラが前面にくることで、癒されて、・・・・・和らぐ感じがまたなんとも。





始まりはいつもダンバートンから。タラやタルティーンが実装されてても、露店や人が集まりやすいのは相変わらずですよね。そして、ダンバートンをまとめている人こそ、われらがエヴァンさん。

まさにできる女。
コール村のクシナさんが、「ナチュラルビューティ」ならば、
エヴァンさんはまさに、「クールビューティ」。

きれいな人は好きですか?





一方のイメンマハでは、群を抜いて?
クラブ「ベアンルア」のNo.1ホステスのルア。
いつでも会えるわけじゃなくて、不定期にご出勤されるみたいで、それもまたNO.1の特権なのか・・・。
おしげもなく体のラインを強調するあたり、さすが夜の女!

もしかして、今日はこのままアフター出来ちゃって、そのまま・・・朝まで・・・なんて、思わせぶりな「小悪魔ビューティ」のルア。






同じくイメンマハからは昼の女!
昼の女ってなんか安そうなw
湖畔のレストラン「ロフリオス」で日々働いてる看板娘。隠れファンとかいてもおかしくないですよね。表情豊かなキューティガール。イメンマハに立ち寄ったさいにふらっと「ロフリオス」覗いてみてはいかが?





鐘をタイマー式にしちゃえばいいと思うよ?w
美女といえばやはりクリステルさんも外せませんよね。ライミラク教団司祭の中でNo.1の美しさの持ち主だとか。その美貌は人の域を超えるとか噂が・・・・。

ダンバートンの聖堂ボランティアを欠かさずするのは、クリステルさんに会いたいが為にしてる人も多くいるはずっ。
ちょっと影がある人が気になっちゃうとか、ありがちなw





ティルコネイルの将来有望なアリサ。
10歳とはいえ、しっかり者なこの子は大きくなればそりゃかわいい女の子になるんでしょうね。子供から大人への階段を歩み出してる最中で、先が楽しみ。

姉の為に働くけなげな子に男は弱いものです。

で、そのお姉さんは・・・・








き、機嫌が悪いw
アリサが見たら悲しむよw





そうそうw
やさしいお姉さんを演じ・・・じゃなくて、そうであってくださいw
しかしラサって一応先生だけど、なぜ制服をきているんでしょうw

エリンに降り立った頃はラサ先生の下で色々学んだもんですよね。「魔法の先生」ってだけで、ある種の憧れの的みたいな存在だった気がします。

気のせいかもしれませんがw






頻繁には立ち寄らない場所?
バンホールの酒屋の店主ジェニファーさん。
大事なアクセサリーの修理も営んでいるんですよね。
修理費は結構お高いんですがw

久しぶりに会いにいったわけですが、一目見て、思ったことがあるんです。







Kさん!Kさんやないか!
なぜそこで働いてるんですかぁ!


っていうぐらいの衝撃的でしたw





マリ子ならぬモリ子がこんなところに!w
生き別れの姉って感じにしておこうw

髪の色や目とか若干違うけど、何気にうれしい発見だったり。



好きなNPCって意外と多くはないですか?
男性NPC編はする予定ないですが、もっと多くの女性をピックアップしたいものです。気が向いたらまた続きでもw





たまにはこういうオアシス的な特集も夏には最適かもですね。
癒しの効果をブログ内にももたらしてくれるのではないでしょうかw


一体これは何の記事なんだろうと思いながら書いていたのは、書き終えた後にも十分残っていますw
ほんとは全然違う内容の記事になる予定だったのになぁw 1枚目のクシナさんのSSまでは予定通りだったのに、その後の文面からすべてが180℃方向転換してしまったw



きっと夏がそうさせたに違いない。
気をつけないと!
ではでは リリィでした。

web拍手

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。