スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

キャンプツーリングin笠置山

  • 2012/09/23(日) 02:16:27

 



8月下旬に新潟にキャンプツーリングに行ってきました。
笠置山ってとこにあるはずのキャンプ場へ。
ちんじゅ様?





とりあえずホンダくんは路肩に止めて、偵察がてらに歩いてキャンプ場を視察に・・・。




これがちんじゅ様ってやつなのかな?
割とすぐにこの社はありました。先に進もうと、道を見ると、





なかなか気合の入った獣道チックじゃないか。。。
いかにも山篭りって感じでね。
まぁ歩きましたよ、進みましたよ、不安を抱えながら。





おい!道?! (゚ρ゚≡゚ρ゚)
ということで撤収w

足元危ないから下をみて歩いてると、顔付近に何かが覆って久々にガチで焦ってたらでかい蜘蛛の巣だったw 持ってた木の枝で蜘蛛の巣を切ろうとしても、何十にも糸が張ってて弾力がすごかったよw そんな道だった・・・。
途中から蜘蛛の巣だらけだったからおかしいとは思ってたんだよね。キャンプ場が自然と閉鎖されてるとはねw


そんな訳で、目的のキャンプ場をあきらめて、この日は笠置山で野宿をする事に。ホンダくんを走らせて川辺でもないかなぁと探したけど、そんなのはなかった。とりあえず早い段階でテント張って、食材の買出しもしなきゃだしね。





ちょっと道を外れたら田んぼがありました。





今夜の寝床に決定ですw
いいのか?!って聞かれたら、「いいんじゃない?」って感じ。
まぁ実際誰も来なかったんですよね。誰か来ても事情を話せばokもらえると思ってた。街中ならともかく、ここ山だし。

実は野宿は初めてで、少し前から野宿したいなーって事は考えてたんです。でもなかなか野宿する場所ってわからないし、検索しても出てくる筈もなく、まさかこういうイレギュラーで野宿をする事になるなんて思ってもみなかった!





キャンプ場と野宿の違いは、設備があるかないかの違いが大きいと思います。あと、人がいるかいないか。野宿は基本人がいないので、見渡す景色すべてが自分のもの!!って感じが気持ちよかったです。
設備はキャンプ場に水場とトイレがあればなんとでもなるんですが、野宿ではそれがないので、水は汲むか買うか、で買出し時に2L買ってきました。トイレはまぁあれだ。お察しください。
そんなサバイバルに満ちた野宿でしたね。





今回のキャンプツーリングから参加した焚き火台。キャンプ場って直火禁止も結構あるし。でもとりあえず焚き火台があれば気にせずに暖を取ることが出来るからいいですよね。薪は現地調達っす。炭を4つもってきたけど、燃え尽きるまでに大体4時間くらいは持つみたいですね、オガ備長炭。





火力も申し分なし!面白いようにソーセージが焼ける焼ける。ただ焼いて食べるだけですが、外で食べるってのがなぜかおいしさを倍増させちゃうから不思議。開放感ってやつでしょうか?





焼肉のたれ。
器はスノーピークのクッカーです。食べてて気づいた事があるの。
同じ味を食べ続けるって、飽きる(゚ρ゚*)
これは反省点ね。

こういう反省を踏まえてより楽しめるキャンプが出来るというものです。





陽が完全に落ちて、辺りは真っ暗闇へ。この時間からの晩餐がまた楽しいんだよね。経験した人はわかるかもだけど、ちょっとした非日常なのよね。朝よりも昼よりもやっぱり夜が楽しいよね。焚き火を囲って壇をとりながら話をしたり食事をしたり。
や、ソロだから囲んだり話したりってのはないんだけどさw
焚き火しながら一人で話ししてたら逆に怖いわw





焚き火とランタン以外の明かりはなくて、あとは見上げる月と星の明かりだけ。





手持ちのカメラだとこれが限界かな。星は全然撮れない。
この日は天気も良くてお月見dayでした。花火大会も遠くでしてたみたいで、豆粒程度に視界に入ってきたw
結局23時頃?には就寝です。
キャンプの夜は長いけど、寝るのは早いものです。





そしてキャンプの朝は早いものです。5時起床。
目覚ましを5時にセットしてたってのもあるけど、すんなりと起きれるのも自然の中にいるせいか、どうなんだろ?
テントから出ると、綺麗な朝焼けと澄んだ空気に惚れそう。





陽が昇ると気温も上がり暑くなるので、早めに撤収したいんですよね。
パンとカフェオレで軽く朝食して、お片付け。





残る朝焼けを見ながらの朝食もいいね。
次野宿するときは川辺がいいなぁ。いろいろと探してみようかな。
出来ればホンダくんが入ってこれるとこがいいな。


最後にちょっと実験的に撮った動画。
1:05あたりにテントが映ってるんだけど、わかるかな?w
焚き火のパチパチって音にまた癒されるのよね。

[広告] VPS



写真もいいけど、動画もちょっと興味出てきたんですよね。ツーリング時の動画とかキャンプ中の動画とかその内投稿できたらいいなー。



季節はそろそろ秋めいてきましたね。キャンプツーリングのシーズンもそんなに長くはないかな。路面凍結になるとツーリングが出来ないからね。キャンプは雪中キャンプとか面白そうだけど、車か徒歩だからねw 装備の事考えるとやっぱ車かな。

次回のホンダくんは福島編ね。この間行ってきました。





----------------------------------------------------
拍手返信
そうですよね、2,3時間くらいが丁度いい!お手軽ですもんね。
焚き火に温泉に肉!最強コンボ!

是非是非キャンプ再開しましょう!
もったいないですぞ(・∀・)

スポンサーサイト
web拍手

キャンプツーリングin馬羅尾

  • 2012/09/02(日) 01:09:53

 


7月の末に長野に行ってきました。
長野は山多くていいですよね。

ホンダくんは結構走り回ってますが、「長野県北安曇郡松川村馬羅尾」、この馬羅尾にキャンプ場があるので行ってきました。まずは簡単に数値を。

ざっと往復600km
高速代 約8,000円
ガス代 3,502円
計11,502円
※食費 忘れちゃいました(


高速だけだと距離にして280kmくらいで、時間にしたら3時間半くらい。だいたい2,3時間圏内がお手軽かなーと思います。




料金は200円とリーズナブルなんだけど、最近は無料なとこを探してたり。
この日はサークルのような感じで来てる大学生?みたいな集団もいれば、ファミリーで来てる人達もいたり、夫婦できてる人達もいたり、予想と違って人が結構いました。あとアブも結構いた・・・。




炊事場はあるんだけど、夜利用する時はアブが耳元をブンブン飛び回ってたり蛾も大きくてちょっとやだったかなw あと人多くて熊が出るような環境じゃなかった1日でした。





トイレはまぁ普通にキャンプ場にある程度のトイレでした。日常のトイレと比べたらきたないけど、キャンプ場のトイレなら普通ってレベルです。水が出るだけいいんじゃないでしょうか。




キャンプ場の出入口。
ちなみに右から来てます。右が下りで左が上り。このキャンプ場がある一帯がプチアウトドア施設のような感じでした。
どうりで人もそれなりにいるはずだなぁ。




キャンプ場付近の温泉施設!
こういうのはいいですよね。一応行く前に温泉あるかどうかはチェックしてるんですよね。ここはなんと露天風呂もありました!超キモチー。

温泉のあとは食材の買出しをしてご飯という流れですが、前日雨が降ってたのか、湿気ってたんですよね。焚き火が出来ずに残念な思いを・・・。




直火って禁止されてるキャンプ場は珍しくないんですが、このキャンプ場はどうなんだろ?直火の形跡があったから同じ場所で始めたんですが、やはり湿気の為に火が維持できず。せっかく新聞紙を買ったにも関わらず、新聞紙まで湿気にやられちゃいました( ノД`)

ちなみに水を沸かそうかとしたんですよねー。




ラーメン(^O^)/ 結局ガスで沸かしましたけどw
ここしばらくのキャンプツーリングはラーメン一袋持参して、着いて昼食として食べるか、翌朝の朝食がてらに食べるかの定番化してます。

そして夜の定番といえば!





焼肉ですよねー。
焚き火でかろうじで最初は焼いてましたw でも炭には着火せず。湿気対策しなきゃね。この後はガスで肉を焼いて食べました。




ピンボケしてるのはカメラの設定を間違えてシャッターきってたからですw
肉はすでにタレがかかってるのを買ってますが、一応焼肉のタレと塩コショウ、醤油、油は持参してるんですよね。キャンプはなんだかんだ夜の食事タイムが一番楽しいんじゃないでしょうか。

22時回った頃にテントに入って寝る準備を。
キャンプ場の夜は結構早いんですよね。朝も早いけどw





寝る前に記録をさらさらっと書いて就寝です。
ここで書き留めることで、ブログ更新時に見返せるわけですよ。

結局翌朝9時にキャンプ場を出発して14時前には帰りつきました。


あとはキャンプ場の写真を数枚アップしましょう。




子供達は川で遊んでましたね。川があるのはすごくいいんですが、川沿いでテントを設営できる場所は一切なかったのが悔やまれますw




左下のベンチはなんか残念ですね。向こう側にテント張りたかったけど、場所取られてたんですよねー。でも人多いしいいやw 車だとタープも楽々運べるからいいなぁ。





とは言っても、ホンダくんで運べるだけの荷物でも十分なんですが。快適さを求めるわけじゃなく、多少不便な中だからこそ楽しめるのがキャンプツーリングの醍醐味と思うのです。




緑がほんとに綺麗な時期ですよね。すごくのどかで何枚も風景写真取りましたが、あとで見返すとどれも同じように見えるから不思議w どれ見ても山と田んぼ。





そうそう、この道を走ったんですよ。
この道を通って山に入り、この道を通って買出しにも行きました。


焚き火のやり方を工夫しなきゃなぁと思ったキャンプでした。
次回キャンプツーリングする時は対策を!というかすでに次回を終えてるんですが、焚き火対策もバッチリでした。
次回の「ホンダくんが行く」は新潟編となります。

8月は結局新潟の1回しか行けなかったけど、今年はあと何回行けるかなー。

web拍手

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。